読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ゆっくりチャンネル

画面右のカテゴリーをクリックで記事一覧表を表示

Amazonマーケットプレイスで「詐欺業者」横行…商品届かず、個人情報漏れる恐れ

Amazonマーケットプレイスで注文した商品が届かないーー。昨年末ごろから、そんな詐欺業者によるトラブルが増えているようだ。購入代金はAmazonが返金してくれるが、氏名や住所などの個人情報が抜かれてしまうとして、消費者に不安が広がっている。 「マーケ…

「五月病予防策」は、連休前から準備すべし!

毎年、ゴールデンウィークが明けると、決まって五月病になるという人はいないだろうか。また、新卒者もかかりやすいといわれる。何か事前に対策を立てておきたいものである。精神科医にゴールデンウィークに前にやっておくといい五月病予防策を聞いた。■五月…

健康 心肺機能を無理なく高める速足歩き

心臓病の予防に運動は効果絶大 心筋梗塞や狭心症の発作を起こした経験のある人は、運動をして心臓に負担をかければ、また、発作が起こるのではないかと不安になるのではないでしょうか。 でも実際は運動は心臓病の予防や、再発防止に絶大な効果を発揮するこ…

健康 心臓病の人は運動は禁物?

運動こそ心筋梗塞や狭心症の予防 心筋梗塞や狭心症の発作を起こした経験のある人は、運動をして心臓に負担をかければ、また発作が起こるのではないかと不安になるのではないでしょうか。 ところが、運動は心臓病の予防や再発防止に絶大な効果を発揮すること…

ネット詐欺の撃退法

このブログのカテゴリー 「道草」に掲載してあります。 nekotancat3.hatenadiary.jp

健康 「女性はもっと」

紫外線に当りましょう 前回の話の続きですが、カルシウムというのは、いくら食事で摂っても、それだけでは血中カルシウム濃度はあまり上がらないということです。 食事に含まれるカルシウムが腸から吸収され、血液に取り込まれるためには、「活性化されたビ…

健康 野外で筋肉を鍛えると・・・

骨も丈夫になる 近年、子供の骨折率が増加していますが、これは家の外で筋肉トレーニングをすることで改善させることができます。 子供の骨折率が高くなった理由はいくつかありますが、もっとも大きな要因は運動不足です。 子供は野外で遊ぶことが運動になり…

健康 「スロートレーニング」の勧め

無酸素状態と「乳酸」という疲労物質 最近は効果的な筋肉トレーニング法として、「加圧トレーニング」が話題となっています。 加圧トレーニングとは、簡単にいうと、ベルトなどで筋肉に流れる血液を制限した状態でトレーニングすることによって、無酸素運動…

健康 「筋トレは三日に一度」

毎日するのは逆効果 筋肉トレーニングが体にいいというと、毎日欠かさずトレーニングを行ってしまう人が多いと思いますが、トレーニングのしすぎは禁物です。 なぜなら運動のしすぎも体にとってはストレスだからです。 筋肉を鍛えるということは、別の言いか…

健康 男性機能の回復には

筋トレが効果的 先に説明した通り、筋トレは体の体温を上げるのに効果的ですが、男性に限っていうならば、筋肉を鍛えると、とても大きなお土産がついてきます。 それは、「男性機能の回復」です。 男性ホルモンは、30歳をピークとして年に1%ずつ、死ぬま…

健康 「冷え性」を治したければ・・・その2

筋肉を鍛えること(前回の続き) 足の筋肉を鍛える基本は、やはり歩くことですが、ふくらはぎに太もも、そして腰の筋肉を一度に鍛えることができるスクワットもお勧めの運動です。 この場合も、先に息を止めて無酸素運動としてスワットを行ってから、呼吸を…

健康 「冷え性」を治したければ・・・その1

筋肉を鍛えること 低体温とは少し違うのですが、多くの女性が苦しんでいる「冷え性」も、筋肉を鍛えることで治すことができます。 低体温は、体温そのものが36度以下に低くなっている状態をいいます。 これに対して冷え性というのは、体の中心部の体温はそ…

健康 「有酸素運動は脂肪を減らし・・・」

「無酸素運動は筋肉を鍛える」 運動には、大きく分けて「有酸素運動」と「無酸素運動」の二つがあります。 有酸素運動というのは、ジョギングやウォーキング、エアロビクスなど、比較的低い負荷で長時間続けられる運動です。 また、無酸素運動というのは、ウ…

健康 「筋肉は使わないと急激に減る」

筋肉は使わないとどんどん減っていく 年をとったときに腰が曲がったり猫背になったりするのは、骨が変形するからではありません。 姿勢を保つのに必要な筋肉が失われるからなのです。 その証拠に、腰が曲がった老人も、ふとんに横たわると、体は真っ直ぐにな…

健康 「間違いだらけのダイエット」その2

筋肉が減り、脂肪が増える 前回の続きです。 たとえば、カロリー制限で体重を三キロ落とし、その後リバウンドで三キロ体重が増えたとしましょう。 そんなとき、多くの人は「もとに戻ってしまった」といいますが、それは違います。 体の中では、劇的な変化が…

健康 「間違いだらけのダイエット」その1

筋肉が減り、脂肪が増える 「筋肉を増やしましょう」というと、女性の中には抵抗を感じる人もいます。 でも、筋肉が増えると、女性にとってもいいことがたくさんあります。 まず、低体温が解消されるので、病気になりにくくなると同時に、ストレスにも強くな…

健康 「筋肉量を増やせば、体温は上がる」

筋肉量を増やせば、体温は自然と上がる 体温を恒常的に上げるもっともよい方法は、基礎代謝を上げることです。 基礎代謝というのは、何もせずにじっとしていても、体が消費するエネルギーのこと。 私たちの体は、生命を維持するだけでもかなりのエネルギーを…

健康 「なぜ五十代を過ぎると病気になりやすいの?」

五十代を過ぎると病気になりやすい 低体温は、あらゆる人にとってよくありません。 なかでも、とくにリスクが高くなるので気を付けたいのは、五十代以上の人の低体温症 です。 同じ低体温でも、二十代では深刻な病気になる人はそれほど多くはありませんが、…

健康 「体温が上がれば、すべてがうまくいく」

体温が上がれば、すべてがうまくいく 細胞のダメージを回復させたくても体の機能が低下して回復させられない。 そんな低体温がもたらす「負のスパイラル」から抜け出す最善の方法は、体温を上げることです。 体温を恒常的に上げることには、絶大な健康効果が…

健康 「下半身の筋トレで血流を改善」

高血圧・高血糖を改善し、心臓の活力を保つためにはどうすればいいのでしょうか。 その最大の決め手の一つが、運動で下半身の筋肉を強化することです。 下半身の筋肉は、私たちが立ったり、座ったり、歩いたりするときに使われるだけではありません。 実は、…

健康 最小血圧の降下は危険信号

最小血圧の降下は危険信号を告げるサイン 前回の続きです。 40代や50代では平均血圧が高血圧の重要な指標になるのですが、60代以上は事情が少し変わります。 実は、60代以上になると最大血圧は年齢とともに上がっていくのに対し、最小血圧はしだいに…

健康 心筋梗塞の発作間近

最高・最低血圧差65mm以上の人は心筋梗塞の発作間近 高血圧は、年を取るごとにかかりやすくなる生活習慣病です。 ただ、ひと口に高血圧といっても年代により注意すべきポイントは異なります。 血圧とは、心臓から送り出された血液が血管壁に及ぼす圧力のこ…

健康 入浴で細胞修復(ヒートショックプロテイン)

ヒートショックプロテインで元気に! こうすればヒートショックプロテインを増やせる!正しい入浴のコツ 入浴TIPS ヒートショックプロテイン(HSP)とは、傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質のこと。また、免疫細胞の働きを強化したり、乳酸の発生を…

健康 「夕食のとりすぎは内臓脂肪を増やす」

内臓脂肪が増えると高血圧を招く 一日の仕事や家事が一段落した夕食時に、おいしいものをたっぶり食べるのが楽しみという人が多いでしょう。 しかし、こうした食生活を続けていると高血圧になりやすいという問題があります。 一般的に夜は基礎代謝(安静時に…

健康 「歩くと善玉コレステロールが増える」

「ゆっくり歩き」はどのくらいの速さ 前回に引き続き、では、「ゆっくり歩き」はどのくらいの速さで歩けばいいの。 分速でいうと1分間に40~60m(時速2.4~3.6Km)ですが、人と話をしながら歩けて、息苦しさを感じない程度の速さで歩けばいい…

新年明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。

健康 心臓を強化するには有酸素運動が一番

心臓の衰えや動脈硬化の進行を防ぎ、心臓病を撃退する一番の方法は、適度な運動 (有酸素運動)を習慣にすることです。 有酸素運動は、酸素を体内に取り入れながら行う運動のことです。 これを毎日続ければ、心臓の筋肉(心筋)が強くなり、血液を送り出す力…

健康  悪い生活習慣病が心臓病を引き起こす

運動により悪玉コレステロールを撃退 血液をサラサラにする・・・・・ナットウキナーゼ EPA DHA DPA 【送料無料】【1個あたり1,300円】ナットウキナーゼ EPA DHA DPA フィッシュ オイル サプリ クリルオイル イチョウ たまねぎ ビタミン ダイエット 健康 食 …

健康 「心筋梗塞が突然死のチャンピョン」

ストレスをためやすいA型人間は特に要注意 心筋梗塞を起ここしやすいとされている性格があります。 それは「A型人間」と呼ばれている人の性格です。 人は性格によって、A型人間とB型人間の二つのタイプに大別されます。 A型人間は責任感が強く、目的に…

健康 「心臓病は進行しないと症状が現れにくい」

不整脈 心臓を拍動させる司令塔は洞結節です。 洞結節で発生した電気信号は、心臓内に張り巡らされた刺激伝導系を介して心臓の 各部分に伝えられ、これが拍動となります。 この心臓の拍動に問題が生じ、脈の速さやリズムに異常が起こるのが不整脈で、脈が速…

健康 「心臓には心筋を動かす能力が備わっている」

心臓には心筋を動かす能力が備わっている 血液を全身の細胞に送り、生命や若さを維持するうえで重要な役目を担う心臓は、その働きを保つための特別な機能を備えています。 その一つが、心臓の働き。 私たちの手足の筋肉は、自分の意思で動かすことができる随…

健康 「心臓が衰え、寿命を縮める人が急増」

全身の細胞に酸素と栄養を運ぶ 心臓は私たちの生命を維持するばかりか、若さを保つうえで最も重要な臓器です。 私たちの体は、全身の一つひとつの細胞が生まれ変わったり活動したりすることによって若さを保ち、生命を維持しています。 細胞の活動に必要な酸…

自閉症の女の子と猫の愛情物語(4/4)

www.youtube.com

自閉症の女の子と猫の愛情物語(3/4)

www.youtube.com

自閉症の女の子と猫の愛情物語(1/4)

www.youtube.com

自閉症の女の子と猫の愛情物語(2/4)

www.youtube.com

健康 「低体温は病気の元凶、高体温は健康の源」

体温が1度上がると、免疫力は500~600%上昇すると言われています。 でも、体温上昇のメリットはそれだけではありません。 体温が1度上昇すると、体の中のさまざまな場所で、劇的な変化が生じます。 まず、体温が上がると血行 がよくなります。 血行…

健康 「一日一回、体温を一度上げよう」

前回に引き続き・・・ では、どうすれば体温を高くすることができるのでしょうか。 そもそも平熱が35度台の人が体温を上げていくことができるのか? それはできます。 低体温の人でも体温を上げていくことで健康な人生を手に入れることができるのです。 そ…

健康 「体温を上げれば内臓脂肪の解消に絶大な効果」

メタボリック・シンドロームの解決策は、内臓脂肪をなくすことです。 そのこと自体は正解なのですが、現在推奨されている方法が食事制限と運動療法だけというのは、あまり効果的ではありません。 なぜなら、メタボリック・シンドロームの重要なリスクファク…

健康 「男性の朝立ち」は、女性の生理と同じくらいに重要」

男性の更年期障害は、女性のように劇的な身体的症状を伴わないため、自分でも更年期障害になっていることに気づかないことがほとんどです。 また、女性には女性特有の病態を専門とする「婦人科」があるのに、「男性科」にはないことも男性更年期障害を発見し…

健康 「体温が低いとガン細胞が元気になる」

「低体温の人はガン細胞が増殖しやすい」ということをご存じでしょうか。 じつは、ガンを発症する人には低体温の人が多く、また低体温だとガン細胞の増殖 スピードが速くなるのです。 なぜ低体温だとガン細胞が増殖しやすいのか。 それは「原始細胞生命体」…

健康 「熱で解熱剤は本末転倒」

体を温めることは、風邪にかぎらずどんな時にも実行してほしい健康法です。 お風呂でも腹巻きでもカイロでも湯たんぽでも、どんな方法でもいいので、とにかく 体調がすぐれないときは、体を温めることが大切です。 ところが、多くの人はこれと対極のことをし…

健康 「風邪かな?と思ったらまずはお風呂に」

前回に引き続きもう一つの理由として、酵素活性も重要なファクターです。 私たちの体は何をするにも酵素が必要です。 酵素というと、消化酵素やアルコール分解酵素といったものを思い出される方が 多いと思われます。 酵素とは何か・・・と一言でいうと、体…

健康 「体温が一度下がると免疫力は30%低下する」

体温が一度下がると免疫力は30%低下する 昔は風邪気味のときには熱を測って体温が三七度あったなら入らない方がよい。 いいわれました。 ところがいまでは、逆のことがいわれるようになりました。 つまり、寒気を伴うような高熱のときの入浴は控えたほう…

健康 「おなかがすくと力が出ない」?

青汁一杯で絶好調の人生 「本当の健康体は、腹が減れば減るほど調子がでるものです」 これはヨガの指導者の言葉です。 つまり、「空腹になるほど快調になるのが正常体」なのです。 「ヨガでは、栄養を高める方法は、食べない工夫である、と教えているが、空…

健康 「一日三食きちんと食べないと体に悪い」?

三食のうち一食は医者のため ドイツには次のようなことわざがある。 「一日三食のうち二食は自分のため。 一食は医者のため」 つまり、医学界が「一日三食きちんと食べましょう」とやかましくいうのは、 三食「きちん」と食べて、しっかり病気になって---…

健康 「少食」=つらい、苦しいというイメージですが?

空腹=若返り、ハッピーな気持ちで・・・ 「一日一食」や「断食」と聞くとどうしてもつらいとか苦しいというイメージを 抱きがちです。 でも、不安感や恐怖感をもったまま、「少食」を始めると、それはストレスになり、 かえって体の害になります。 人間の長…

健康 「少食で加齢臭が消える」

!! 加齢臭とは、老廃物、皮脂分泌で臭う !! 加齢臭・・・中高年には、気になる言葉です。 それは、主に中年以降の男女の特有のもの。 加齢臭の原因は一つではありません。 ノネナール、ペラルゴン、ジアセチルといった成分が加齢臭の原因となります。 特…

健康 「少食でメタボ解消」

!!肥満、糖尿病、心臓病・・・みんな消えていく!! 肥満者死亡リスクは3~4倍 「少食にすれば、体重は落ちます」 肥満はいやでも解消されます。 肥満体の人は、それだけでも死亡リスクが3~4倍高まるといわれています。 60~70代になると、肥満体…

記事更新 「飛行機旅が好きな人」

飛行機旅行を疑似プレゼントします。 クリック ↓ ↓ ↓ http://nekotancat2.hatenadiary.jp/

--------------