読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ゆっくりチャンネル

画面右のカテゴリーをクリックで記事一覧表を表示

健康 心肺機能を無理なく高める速足歩き

心臓病の予防に運動は効果絶大 心筋梗塞や狭心症の発作を起こした経験のある人は、運動をして心臓に負担をかければ、また、発作が起こるのではないかと不安になるのではないでしょうか。 でも実際は運動は心臓病の予防や、再発防止に絶大な効果を発揮するこ…

健康 心臓病の人は運動は禁物?

運動こそ心筋梗塞や狭心症の予防 心筋梗塞や狭心症の発作を起こした経験のある人は、運動をして心臓に負担をかければ、また発作が起こるのではないかと不安になるのではないでしょうか。 ところが、運動は心臓病の予防や再発防止に絶大な効果を発揮すること…

健康 「下半身の筋トレで血流を改善」

高血圧・高血糖を改善し、心臓の活力を保つためにはどうすればいいのでしょうか。 その最大の決め手の一つが、運動で下半身の筋肉を強化することです。 下半身の筋肉は、私たちが立ったり、座ったり、歩いたりするときに使われるだけではありません。 実は、…

健康 最小血圧の降下は危険信号

最小血圧の降下は危険信号を告げるサイン 前回の続きです。 40代や50代では平均血圧が高血圧の重要な指標になるのですが、60代以上は事情が少し変わります。 実は、60代以上になると最大血圧は年齢とともに上がっていくのに対し、最小血圧はしだいに…

健康 心筋梗塞の発作間近

最高・最低血圧差65mm以上の人は心筋梗塞の発作間近 高血圧は、年を取るごとにかかりやすくなる生活習慣病です。 ただ、ひと口に高血圧といっても年代により注意すべきポイントは異なります。 血圧とは、心臓から送り出された血液が血管壁に及ぼす圧力のこ…

健康 「夕食のとりすぎは内臓脂肪を増やす」

内臓脂肪が増えると高血圧を招く 一日の仕事や家事が一段落した夕食時に、おいしいものをたっぶり食べるのが楽しみという人が多いでしょう。 しかし、こうした食生活を続けていると高血圧になりやすいという問題があります。 一般的に夜は基礎代謝(安静時に…

健康 「歩くと善玉コレステロールが増える」

「ゆっくり歩き」はどのくらいの速さ 前回に引き続き、では、「ゆっくり歩き」はどのくらいの速さで歩けばいいの。 分速でいうと1分間に40~60m(時速2.4~3.6Km)ですが、人と話をしながら歩けて、息苦しさを感じない程度の速さで歩けばいい…

健康 心臓を強化するには有酸素運動が一番

心臓の衰えや動脈硬化の進行を防ぎ、心臓病を撃退する一番の方法は、適度な運動 (有酸素運動)を習慣にすることです。 有酸素運動は、酸素を体内に取り入れながら行う運動のことです。 これを毎日続ければ、心臓の筋肉(心筋)が強くなり、血液を送り出す力…

健康  悪い生活習慣病が心臓病を引き起こす

運動により悪玉コレステロールを撃退 血液をサラサラにする・・・・・ナットウキナーゼ EPA DHA DPA 【送料無料】【1個あたり1,300円】ナットウキナーゼ EPA DHA DPA フィッシュ オイル サプリ クリルオイル イチョウ たまねぎ ビタミン ダイエット 健康 食 …

健康 「心筋梗塞が突然死のチャンピョン」

ストレスをためやすいA型人間は特に要注意 心筋梗塞を起ここしやすいとされている性格があります。 それは「A型人間」と呼ばれている人の性格です。 人は性格によって、A型人間とB型人間の二つのタイプに大別されます。 A型人間は責任感が強く、目的に…

健康 「心臓病は進行しないと症状が現れにくい」

不整脈 心臓を拍動させる司令塔は洞結節です。 洞結節で発生した電気信号は、心臓内に張り巡らされた刺激伝導系を介して心臓の 各部分に伝えられ、これが拍動となります。 この心臓の拍動に問題が生じ、脈の速さやリズムに異常が起こるのが不整脈で、脈が速…

健康 「心臓には心筋を動かす能力が備わっている」

心臓には心筋を動かす能力が備わっている 血液を全身の細胞に送り、生命や若さを維持するうえで重要な役目を担う心臓は、その働きを保つための特別な機能を備えています。 その一つが、心臓の働き。 私たちの手足の筋肉は、自分の意思で動かすことができる随…

健康 「心臓が衰え、寿命を縮める人が急増」

全身の細胞に酸素と栄養を運ぶ 心臓は私たちの生命を維持するばかりか、若さを保つうえで最も重要な臓器です。 私たちの体は、全身の一つひとつの細胞が生まれ変わったり活動したりすることによって若さを保ち、生命を維持しています。 細胞の活動に必要な酸…

--------------