読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ゆっくりチャンネル

画面右のカテゴリーをクリックで記事一覧表を表示

健康 「睡眠はホルモンにも関係している」

睡眠は脳や体を休めるだけでなく、睡眠の時にしか分泌されない成長ホルモンなどにも

大きな関係があります。

成長ホルモンは、睡眠に入ってから約90分後のレム睡眠時に多く分泌されると言わ

れています。

成長ホルモンはその名の通り体の成長に欠かせないもので、骨や筋肉など発育に必要

な役割を担っています。成長ホルモンの分泌は20歳を過ぎた頃から減少します。

大人になってからの成長ホルモンの役目は、体の機能修復に大きな影響を及ぼす。

運動をして筋肉痛になることがありますが、これは筋肉組織が壊れるためで、成長

ホルモンによって、壊れた筋肉が修復されます。

したがって、運動を続けていると、筋肉の破壊と修復が繰り返されることで筋肉が

増大していきます。

成長ホルモンの分泌は、一生を通じて低下することはあっても、なくなることはありま

せん。 睡眠が十分でないと成長ホルモンの分泌にも影響を及ぼしてしまいます。

 

 

--------------