読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 おもしろチャンネル

画面右のカテゴリーをクリックで記事一覧表を表示

健康 「動脈硬化で起きる病気は」?

血管

動脈硬化で起きる病気は心筋梗塞と、脳卒中だけではない。

どれも恐ろしい血管が「詰まる病気」と「切れる病気」なのだ。

[ 詰まる病気 ]

f:id:nekotancat:20161117132538j:plain

脳内の血管が詰まる脳梗塞、心臓の血管が詰まる心筋梗塞

の他にも腕や脚の血栓が詰まれば、急性動脈閉塞症という

病気になり、壊死を引き起こして手足を切断せさせるをえない状況に陥ることもある。

腎臓の血管が詰まれば急性腎不全となるし、腸につながる

動脈が詰まれば虚血性大腸炎となる。

また、肺の動脈に詰まれば呼吸困難を引き起こし、死亡することもある肺血栓閉塞症

になる。

血栓閉塞症はいわゆる「エコノミー症候群」の代表的な症状です。 

 

[ 切れる病気 ]

 動脈硬化が進み、ほかにも高血圧や糖尿病、脂質代謝異常などがあって、血液の状態

が悪いと、血管のところどころに血液の流れがよどむ膨らみ瘤(りゅう)ができる。

 この膨らみが大きく成長すると破裂しやすくなり、大きな動脈の膨らみが

いったん破裂すると、体内での大量出血に直結し高確率で死亡する。

胸の太い動脈に膨らみができれば「胸部大動脈瘤」という病気、お腹の太い動脈

に膨らみができれば「腹部大動脈瘤」という病気、脳内の血管に膨らみができれば

「脳動脈瘤」だ。

動脈瘤は大抵、脳のなかのくも膜という場所にできるので、これが破裂すると

くも膜下出血」となる。

f:id:nekotancat:20161117140312j:plain


 

--------------