読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 おもしろチャンネル

画面右のカテゴリーをクリックで記事一覧表を表示

健康 「できる男は「少食」で精力絶倫」(前篇)

食事

貧乏人の子だくさん」のわけ

古来、「貧乏人の子だくさん」といわれます。

また、第三世界の貧しい国々ほど、多産です。

理由は・・・他にすることがないから・・・いえいえ違います。

ロクなものしか食べていないのに、子供がポロボロ生れる。

なぜだ?

結論は、「ロクなものしか食べなかったから、子宝に恵まれた」のです。 

f:id:nekotancat:20161207072607p:plain

 それは、長寿遺伝子理論からも証明されています。

カロリー制限で2倍生きる

それは、老化が遅れることです。

生命力の根源は生殖力です。

ゆえに男性の精力も旺盛になり、女性の妊娠力も高まる。

皮肉なことに金持ちほど、先進国ほど、少子化で悩んで

います。 その理由はもうおわかりでしょう。

その最大原因は飽食、美食にあったのです。

養鶏農家は、鶏に卵を多く産ませるために、まず、一週間ほど断食させるそうです。

その後に餌をやると同時に卵をボロボロと産んでくれるそうです。

つまり飢餓が、生殖力を加速したのです。

それは、動物だけでなく植物にもいえます。

「肥料をやりすぎると実がならない」・・・ですね

 

 

 

--------------