読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ゆっくりチャンネル

画面右のカテゴリーをクリックで記事一覧表を表示

健康 「風邪かな?と思ったらまずはお風呂に」

前回に引き続きもう一つの理由として、酵素活性も重要なファクターです。

私たちの体は何をするにも酵素が必要です。

酵素というと、消化酵素やアルコール分解酵素といったものを思い出される方が

多いと思われます。

酵素とは何か・・・と一言でいうと、体内で化学反応が起きるときに必要な「触媒」

なのです。

生命体が生きていくためには、体内でさまざまな化学反応が絶えず行われています。

たとえば、食べものやアルコールなどを消化する「分解」も、栄養を体内に取り込む

「吸収」も、老廃物を体外に出す「排出」も、また、細胞が新陳代謝するのも、細胞が

エネルギーをつくりだすのも、突き詰めれば、すべて酵素という触媒を必要とする化学反応です。

人間の生命活動や生命維持に必要な酵素は、細胞内でつくられます。

その酵素の生成にも別の酵素が用いられますから、酵素はまさに生命維持に必要不可欠

なものといえます。

f:id:nekotancat:20161217092553j:plain

 その大切な酵素が活性化するのが、じつは体温が37度台のときなのです。

体温が高ければ高いほど、酵素の働きはよくなります。

 まさに体温が高くなったときに白血球の能力と

精度がアップする最大の理由も、酵素が活性化するからなのです。

酵素は熱に弱いとよくいわれますが、それは食べものに含まれる酵素が加熱されることによって壊れることを言っているのであって、体温にかぎっていえば、高ければ高いほど酵素は活性化するのです。

酵素が壊れるのは、最低でも48度以上。

人間の体温がそこまで上がることは絶対にないので、酵素が壊れることを心配する

必要は全くありません。

風邪をひいたときに発熱するのも、血行をよくするとともに酵素活性を高めることで、

免疫力を高め、ウイルスを撃退しようとしているからなのです。

ですから風邪のひきはじめにお風呂に入ることは、免疫システムがウイルスと戦いやすい環境を外から整えてあげることになるので、風邪が早く治るというわけです。

 

 

 

--------------