読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ゆっくりチャンネル

画面右のカテゴリーをクリックで記事一覧表を表示

健康 「熱で解熱剤は本末転倒」

体を温めることは、風邪にかぎらずどんな時にも実行してほしい健康法です。

お風呂でも腹巻きでもカイロでも湯たんぽでも、どんな方法でもいいので、とにかく

体調がすぐれないときは、体を温めることが大切です。

ところが、多くの人はこれと対極のことをしてしまっています。

その代表が、「風邪薬」です。

「風邪かな? と思ったら○○」といった風邪薬のテレビCMをよく目にしますが、

風邪気味ぐらいで薬を飲むのは、かえって体によくないのでやめましょう。

 一般的な風邪薬というのは、風邪の原因となるウイルスに対処するのではなく、

諸症状を緩和する薬品成分がいろいろと含まれたものです。

そして、そうした薬品成分の多くは副交感神経の働きを抑え、交感神経を刺激するものなのです。

そのため、働きすぎで疲れている人が風邪薬を飲むと、ただでさえあまりよくない血行

がさらに悪くなり、低体温を招いて、免疫力が低下してしまう危険性があります。

風邪薬よりさらに悪いのが、「鎮痛解熱剤」の服用です。

鎮痛解熱剤のほとんどは、交感神経を高める性質をもっています。

でも、リスクはそれだけではありません。

この薬が危険なのは、文字どおり体温を下げる薬だということです。

熱に弱い人やふだんから低体温の人は、37度でも熱っぽいだるさや発熱のつらさ

を感じることがあるので、解熱剤を服用してしまうことがあります。

しかし、先ほど説明したとおり、その熱は体が免疫力を高めて 

f:id:nekotancat:20161216132523j:plain

ウイルスと闘うために必要な熱なのです。

それを解熱剤で下げる ということは、免疫システムの足

を引っ張る裏切り行為であり、まさに本末転倒な行為となってしまいます。

ですから、こうした解熱剤の危険性を熟知した医師は、かんたんに解熱剤を処方したりはしません。

高齢者などの体力のない方の場合は、38.2度ぐらいで解熱剤を必要とする場合もありますが、そのときには解熱剤としてはもっとも体に負担のかからないアセトアミノフェン系の薬を、その人の状態をみながら、微妙に調節し、体温が37度台後半を維持するよう細心の注意を払って投与します。

けっして「毎食後一錠ずつ」というようなおおざっぱな処方はしません。

 

  

--------------