読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 おもしろチャンネル

画面右のカテゴリーをクリックで記事一覧表を表示

健康 「男性の朝立ち」は、女性の生理と同じくらいに重要」

体温

男性の更年期障害は、女性のように劇的な身体的症状を伴わないため、自分でも更年期障害になっていることに気づかないことがほとんどです。

また、女性には女性特有の病態を専門とする「婦人科」があるのに、「男性科」にはないことも男性更年期障害を発見しにくくしてしまっている原因の一つです。

 では、どうすれば、自分が更年期障害になっているかどうか、知ることができるのでしょう。

女性の場合、生理が遅れたり、早くなったり、周期が乱れることで女性ホルモンが低下してきていることを知ります。

じつは男性にも、女性と同じように、性ホルモンの低下を教えてくれる指標があるのです。

それは 「朝立ち」です。

朝早くどこかへ出発することではありませんよ。

朝立ちというのは、朝、目を覚まましたときに起こっている勃起のことです。

f:id:nekotancat:20161220143202j:plain

あまり知られていないのですが、男性は寝ている間のかなりの時間帯に、じつは勃起しています。

(これ、内緒の話)

 これを「夜間睡眠時勃起現象」といいます。

 「夜間睡眠時勃起現象」が起きている時間は若い

ときほど長く、二十代では全睡眠時間の約半分、

それが四十代になると四分の一に、五十代では

五分の一程度にまで短縮されます。

 人間の睡眠は、体を休める「レム睡眠」と、脳を休める「ノンレム睡眠」とが交互に繰り返されますが、「夜間睡眠時勃起現象」は、レム睡眠時に起こります。

そして、最後のレム睡眠のときに起きた、「夜間睡眠時勃起現象」が、目覚めたときに

認知される、いわゆる「朝立ち」なのです。

この、「夜間睡眠時勃起現象」は、テストステロンの低下に伴い時間が短くなっていくので、目覚し時計を使わずに自然と朝目覚めたときに、朝立ちが起きていなければ、

更年期障害になっている危険性があるといえます。

 これも体温を恒常的に上げるための努力をしていく過程で、男性更年期障害も改善

されることができるのです。 

 

--------------