読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 おもしろチャンネル

画面右のカテゴリーをクリックで記事一覧表を表示

健康  悪い生活習慣病が心臓病を引き起こす

心臓

運動により悪玉コレステロールを撃退

血液をサラサラにする・・・・・ナットウキナーゼ EPA DHA DPA 【送料無料】【1個あたり1,300円】ナットウキナーゼ EPA DHA DPA フィッシュ オイル サプリ クリルオイル イチョウ たまねぎ ビタミン ダイエット 健康 食 生活 診断 体調 美容 血液 サラサラ ドロドロ 納豆 魚 脂肪 国内製造品 オリヒロ まとめ【5個セット】

心臓病は、生まれながらにして心臓に欠陥がある場合を除いて、そのほとんどが長年にわたる運動不足(または過激な運動や労働)、食べすぎ、肥満、ストレス、喫煙などの

悪い生活習慣によって起こります。

かつて心臓病は、60代以降に起こることが多かったのですが、最近では40代50代

の比較的若い人たちにも増ええています。

これには、さまざまな原因が考えられますが、主に、食生活が豊かになり、動物性の脂肪を多くとるようになったこと、そして交通機関などが発達して歩く機会が減り、運動不足になっている人が増えているからです。

食生活が豊になったのはいいことですが、運動不足に陥ったまま、体内に摂取した

 エネルギーを消費しないでいると、やがてさまざまな病気を引き起こします。

f:id:nekotancat:20161230142909j:plain

 例えば、血液中の糖分が多くなる糖尿病や、血液中の脂肪が過剰になる脂質異常などです。

コレステロールで血液がドロドロになると、高血圧を招きます。 この状態が長く続けば、血管の内壁に悪玉(LDL)コレステロールなどが付着して、動脈硬化(動脈の老化)が進みます。

全身に血液を送り出す心臓にも大きな負担がかかるため、心臓事態の機能も衰えてきます。

その結果、心筋梗塞や、狭心症を起こしやすくなるのです。

 

 

 

--------------