読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 おもしろチャンネル

画面右のカテゴリーをクリックで記事一覧表を表示

健康 「体温が上がれば、すべてがうまくいく」

体温

体温が上がれば、すべてがうまくいく

細胞のダメージを回復させたくても体の機能が低下して回復させられない。

そんな低体温がもたらす「負のスパイラル」から抜け出す最善の方法は、体温を上げることです。

体温を恒常的に上げることには、絶大な健康効果があります。

低体温はストレスがもたらした結果でもあります。

その結果を意識的に変えることで、体の機能を回復させ、ストレスに対する抵抗力をつけることができるのです。

では、なぜ体温を上げるだけで、健康を手に入れることができるのでしょうか。

体温が高くなったとき、最初に変化するのは血流です。

f:id:nekotancat:20170106142900j:plain

 低体温が血流を悪くさせるのとは逆の理由で、体温が上昇するとそれだけでも血流はよくなります。

血流がよくなると、ストレスによってダメージを受けていた細胞に糖というエネルギー源が供給されます。

それと同時に、体温アップによって酵素活性も上がるので、エネルギーを効率よくつくり出すことができるようになります。

こうして細胞がストレスから回復すると、その情報が脳に行き、脳の視床下部から下垂体へ、そして自律神経、ホルモンへと伝達されていきます。

こうしてよい情報が伝達されていくことによって、体全体の機能も正常に整っていくのです。

つまり、「負のスパイラル」が、体温を上げることによって、「正のスパイラル」へと転換されるということです。

お風呂や温泉、サウナなどで体を芯から温めると、体中の疲れがとれたように感じるが、それは細胞のストレス状態が回復するからなのです。

でも、そのよい状態はあまり長くは続きません。

体が冷えると、またもとの低体温状態に戻ってしまいます。

ですから、体をつねにベストの健康状態にするためには、外から温めるだけではなく、つねに体温の高い状態をキープできる体づくりをすることが必要です。 

【送料無料】【今なら1袋サービス!】 天然湯の花 徳用袋250g 【11袋+1袋】 ■ 温泉お土産 奥飛騨温泉 入浴剤 にごり湯 温泉気分

--------------