読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ゆっくりチャンネル

画面右のカテゴリーをクリックで記事一覧表を表示

健康 「筋肉は使わないと急激に減る」

筋肉は使わないとどんどん減っていく

年をとったときに腰が曲がったり猫背になったりするのは、骨が変形するからではありません。

姿勢を保つのに必要な筋肉が失われるからなのです。

その証拠に、腰が曲がった老人も、ふとんに横たわると、体は真っ直ぐになります。

もし骨が変形しているのであれば、横になっても腰が曲がってしまうはずです。

私たちの体の筋肉は、基本的には二十歳をピークに、年々減少していきます。

二十代の中肉中背の男子で体の中に占める筋肉量の割合は40%、女性では35%程度です。

それが七十代になると、ピーク時の2/3程度、つまり26~23%にまで減少。

よく、年をとって転んで骨を折ったのを境に歩けなくなってしまったという話を聞きますが、これは筋肉が急激に失われてしまった結果です。

筋肉というのは、動かさないと驚くほど速いスピードで失われてしまいます。 

f:id:nekotancat:20170112065019j:plain

 病気で寝たきりになった場合は、一日に約0.5%の

筋肉が失われていきます。

通常の生活をした場合の加齢による筋肉の減少率が年間

1%ですから、寝たきり生活をすると、たった二日間で一年分の筋肉を失ってしまうということです。

 風邪で一週間近く寝込んだあと、体がフラフラするのは、風邪によって体力が消耗したということもあるのですが、筋肉が短期間で急激に失われてしまったため、体を支える力が低下してしまった結果でもあるのです。

筋肉を維持するためには、毎日の生活の中で、筋肉に適度な負荷をかけつづけることが必要です。

 

シェイシェイクウェイト 1.1kg 女性用 ダンベル DVD付き 1個 振るだけで効果抜群 シェイクダンベル 二の腕 肩 胸 腹筋 背中 トレーニング ダイエット 筋トレ ダンベル運動 引き締め シェイプアップ フィットネス 送料無料 _86190

--------------