読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 おもしろチャンネル

画面右のカテゴリーをクリックで記事一覧表を表示

健康 「冷え性」を治したければ・・・その2

冷え性

筋肉を鍛えること(前回の続き)

足の筋肉を鍛える基本は、やはり歩くことですが、ふくらはぎに太もも、そして腰の筋肉を一度に鍛えることができるスクワットもお勧めの運動です。 

この場合も、先に息を止めて無酸素運動としてスワットを行ってから、呼吸を整え、有酸素運動としてスワットを行うと、下半身の余分な脂肪が落ちるとともに、必要な筋肉がつくので、引き締まった美しい下半身をつくりながら、冷え症を改善することができます。

ただ、冷え症の人が運動をする場合は、事前に必ず十分なストレッチを行ってください。

筋肉が冷えて硬くなった状態のまま急に動かすと、かえって筋肉を痛めることにもなりかねません。

そういう意味では、お風呂で体を温めてから運動するのも、よい方法です。

「冷え」はどんなものであれ、それだけで体にとっては大きなストレスです。

そのため冷え性を放っておくと、そのストレスによって自律神経のバランスを崩し、

体全体が冷える「低体温」へと病態が進行してしまうこともありえます。

ですから、平熱で36.5度以上ある人でも、末端に冷えがある人は、低体温の予備軍ということができます。

冷え性を低体温に進行させないためにも、筋肉トレーニングを日々の生活に取り入れ、全身の体温を高い状態に保つようにしておく必要があります。

 

--------------