読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 おもしろチャンネル

画面右のカテゴリーをクリックで記事一覧表を表示

健康 「スロートレーニング」の勧め

筋肉

無酸素状態と「乳酸」という疲労物質

最近は効果的な筋肉トレーニング法として、「加圧トレーニング」が話題となっています。

加圧トレーニングとは、簡単にいうと、ベルトなどで筋肉に流れる血液を制限した状態でトレーニングすることによって、無酸素運動の効果を引き上げるトレーニング法です。

無酸素状態で運動をすると、筋肉には「乳酸」という疲労物質がたまる

じつは、この乳酸がとてつもない威力を発揮するのです。

どういうことかというと、筋肉に乳酸がたまると、それに対してフィードバックメカニズムが働き、脳にその情報が行くことによって、下垂体から成長ホルモンが分泌されるのです。

ごく普通の筋トレを行っても成長ホルモンは出るのですが、乳酸がたまったという情報が脳に行くと、成長ホルモンの分泌量が何百倍という驚くべきレベルで急増するのです。

じつはこの成長ホルモンの急増こそが、加圧トレーニングの効果の正体なのです。

成長ホルモンは筋肉の増加を促進させるホルモンなので、成長ホルモンの量が多ければ多いほど筋肉は大きくなりやすいのです。

つまり加圧トレーニングは、血行をわざと止めることで、無酸素状態をつくりだすとともにエネルギーの供給をストップさせ、乳酸をより効率よく出させることで成長ホルモンを最大限に引き出し、筋肉を増やしていくのです。

ここで、一人でも安全に行える「スロートレーニング」を紹介します。

f:id:nekotancat:20170116090206j:plain

 ←スワット

具体的にいうと、一回のスワットを一分間ぐらい、時間をかけて行うのです。

まず三十秒くらいかけてゆっくり腰を落とし、また三十秒ぐらいかけてゆっくりともとの位置にもどす。

これを、呼吸の回数を減らし、できるだけ無酸素に近い状態で行うのです。

これくらいゆっくりとした速度でトレーニングを行うと、筋肉はそれを負荷の大きな運動だと錯覚します。

そして、負荷が大きいと錯覚した筋肉は、乳酸がたまったときと同じように、脳に

「成長ホルモンを沢山出してください」とフィードバックを送るのです。

その結果、脳の下垂体から、乳酸がたまったと同じくらいの成長ホルモンが分泌されるのです。

スロートレーニングは、血液を制限しないで、一人でも安全に行える方法です。 

 

--------------