読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 おもしろチャンネル

画面右のカテゴリーをクリックで記事一覧表を表示

健康 「女性はもっと」

紫外線に当りましょう

前回の話の続きですが、カルシウムというのは、いくら食事で摂っても、それだけでは血中カルシウム濃度はあまり上がらないということです。

食事に含まれるカルシウムが腸から吸収され、血液に取り込まれるためには、「活性化されたビタミンD」が必要です。

さらに活性型ビタミンDは、血中カルシウムが骨に定着するのにも必要となります。

ここで注意したいのは、ただのビタミンDではなく、「活性化された活性型ビタミンD」でなければダメだということです。

ビタミンDは食事やサプリメントで摂ることができますが、それらはすべて不活性なビタミンDです。 

f:id:nekotancat:20170129071942j:plain

カルシウムを吸収するためには、この不活性のビタミンを体の中で活性化させなければいけないのですが、この活性化に必要不可欠なのが、「紫外線」なのです。

つまり、いくらカルシウムの豊富な食事をしても、陽に当たらなければビタミンDが活性化しないので、骨は丈夫にはならないということです。

丈夫にならないどころか、腸から吸収されないカルシウムは

そのまま体外に排出されてしまうため、カルシウムの豊富な食事をしても、血中カルシウムの濃度が上がらず、正常値を保たなければならない体は、結局骨を溶かしてカルシウムを補充しなければならなくなり、骨がどんどんスカスカになっていってしまうのです。

ですから成長期の子供は、できるだけ屋外で元気に遊ばせることが、健康な体をつくるためにとても大切となります。

子供の骨折に限ぎらず、これは大人にも当てはまります。

とくに女性は、成長期の子供と同じくらい、十分な紫外線が必要です。

女性はホルモンの関係から、更年期になると男性よりも骨粗鬆症になりやすいので、

それを防ぐためにも、若いときから十分陽に当り、強い骨をつくっておくことが必要となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

--------------